婚活パーティー女性ウォッチング!消極的な人多い?【私の口コミ体験談】

女性はみんな、おとなしい

今回わたしが参加した5つの婚活パーティーのうち、1つは100人以上が集まる大人数のパーティーでしたが、残りは10~20名程度の、ちょうどよい人数が集まるパーティーでした。

とあるパーティーでは、サクラと思われる?女性もいましたが、それ以外のパーティーでは、女性はみんなおとなしい感じで、少し緊張している印象でした。

友人と一緒に来ている人はいいんですが、特に、わたしのように1人で来ている人は、パーティーが始まるまでは手持ち無沙汰で、何をしていればいいか分からない状態。。(笑)

自己紹介タイムが始まっても、目の前の席に座る男性と話はしますが、初対面と言うこともあって、積極的に相手のことを質問する人はいませんでした。

お互いのプロフィールを見せながら、仕事の内容とか趣味の話をするんですが、この自己紹介タイムの時間は長いところで5分、短いところだと1分ぐらいなので、自己紹介をしていると

「はい、次の席に移ってください」

とスタッフに指示されてしまいます。

自己紹介タイムは女性が席に座ったままで、男性が次から次へと席の前にやってくるので、話すことは同じになっちゃうんですよねぇ・・・。

しかも、一度に20人ぐらいの人と一気に同じ話をしなくてはならないので、パーティーの前半でみんなかなり疲れた表情になります(汗)。

 

男性からのアプローチを待つ人多し!

苦痛?な自己紹介タイムが終わると、今度はフリータイムに移るのですが、女性は自己紹介タイムの疲れが出ている人が多く、自分から男性のところに行って話をしようという感じではありません。

それもそのはず、たった数分の自己紹介タイムじゃ、相手のことは何も分からないですし、自己紹介の後に出す第一印象カードも、適当に書くしかないんです。

ここでまだ、ホワイトキーのように、スタッフのフォローがあるパーティーだったらいいんですが、他のパーティーでは、

“ほぼ放置状態”

でした。

それでも、時間が経つと男性から動いて話しかけてきてくれますが、もうちょっとパーティー会社が気を利かせてくれても、、、って思っちゃいます。

男性とのフリータイムが進むと、女性もだいぶ積極的に話を始めるんですが、話が盛り上がってきたという時に、またスタッフから

「違う人と話をしてください」

なんて指示が出ちゃうんです(苦笑)。

あまりにもパーティー会社のスタッフの進行が悪いと、パーティーの途中で帰っちゃう女性もいました。

わたしが唯一、しっかりしているなぁと思ったパーティー会社は、ホワイトキーでした。